about

津軽烏城焼では窖窯と登り窯で焼成しています。薪は主に赤松で、釉薬はいっさい使用せず、全て自然釉です。自然釉とは、窯の中で薪の灰が作品に付着し、それが高温になって融けたものです。従って焼き上がりが一品一品全て違います。
津軽烏城焼公式サイト:http://www.ujoyaki.jp/

津軽烏城焼ネットショップでは「わけあり品」や「今回の窯出しの一品」を中心に販売いたします。

薪窯は往々にしてアクシデントが多いものです。特に烏城焼では高温で長期間焼成する為、窯の中で様々な事が起こります。自然釉がたっぷり掛かる火前に入れたものほど、引付や割れなどの窯傷が多く見られ、窯出しの時はいつも、喜びと残念な気持ちとが入り混じります。ここでは、窯傷があってもそれを上まわる見どころのある作品を、わけあり品として販売致します。